兵庫県三田市を拠点に活動する、ベースボール・ファースト・リーグに参加する野球チームです

兵庫ブルーサンダーズファームとは

2012年に芦屋大学と教育提携し、兵庫ブルーサンダーズファームとして学生選手を育てています。
2014年度から芦屋学園中学校・高等学校とも提携。育成軍としてさらに若手の選手育成にもつとめています。

育成システムのメリット

芦屋大学生が独立リーグ所属チームに在籍し、プロ野球経験者から指導を受けられるという、従来の大学野球システムにはなかった新しい取り組みです。
NPB育成契約選手を輩出した実績のある加藤監督、永山コーチのもとでNPBやMLBといったさらに上のステージを目指せるのが最大のメリットです。

新育成システムの魅力
  1. 元プロ選手によるハイレベルな指導

    全日本野球連盟や日本高等学校野球連盟に所属しないため、中学生から元プロ選手による芦屋学園ならではの指導を受けることができます。

  2. 学年を問わない育成システム

    学園を問わず力のある選手は独立リーグの試合へどんどん出場できます。独立リーグをはじめプロ野球など、学生野球の次のステージを早くから見据え、多世代で競争をはかることで、アスリートとしての自覚や幅広い価値観が醸成されます。
    育成軍選手の技術的な成長とフィジカルの安定を指導者が見極め、実力次第では上のステップに上がることが可能です。

  3. 世界で勝つ技術とフィジカルを持つ選手の育成

    10年一貫教育により、技術・戦術・コンディショニングの一貫指導が可能となります。チャレンジリーグ(仮称)への出場や海外リーグに参戦することで「国際感覚」を養い、世界に通用する選手を育てます。

  4. 地域に貢献できる学生の育成

    兵庫ブルーサンダーズの理念のひとつに「賑わい溢れる街作りの形成」があります。地域の問題を解決する一助になればと、トップ選手から育成軍選手まで、地域活動に積極的に参加しています。また、そうすることで大人や地域と触れ合いながら、社会の中で生きていくことと感謝する心を育みます。

試合情報
試合日程
監督、コーチ、選手紹介

ページトップボタン